退職祝い 例文

スポンサーリンク

退職はまさに人生の節目です。

家族や職場・取引先の先輩、親交のある知人、お世話になったかた、恩義を受けたかたなど、定年退職のかたには長年のご苦労をねぎらうお祝いが相応しいですね。

職場などで花束や記念品といっしょに手紙を添えられると、退職されるかたも感慨深いと思います。

在職中の業績をたたえること、在職中に受けた厚誼に感謝を述べることを中心に、退職後の新しい仕事や生活への励ましの言葉で結ぶとよいでしょう。

また中途退職のかたであれば、これからの仕事の成功を祈ることに重点をおきます。

退職されるかたの中には挨拶状を出すかたも多いので、そういう場合は返事を出す際にお祝いを申し上げます。


挨拶状をいただいた中途退職される取引先のかたへお祝い

拝復 初秋のみぎり、○○様にはいよいよご健勝の趣、お慶び申し上げます。

さて、このたび××会社をご退職の由、ご挨拶状を落手いたしました。

承りますところ、入社以来十五年、一貫して制作部門で実力を発揮され、会社発展のために多大の貢献をなされました。

そのご辣腕ぶり、ご活躍ぶりは、私どもお取引させていただいています同業者のあいだに知れ渡り、常々敬服申し上げていたところでございます。

また、私どもをお引き立ていただき、まことにありがとうございます。

しばしば無理を申し上げましたが、そのつど適切に対処してくださいましたこと、感謝にたえません。

退社されるにあたり、終始お示しいただきましたきめ細やかなご配慮に厚く御礼申し上げるとともに、新しいお仕事のご成功を心よりお祈りいたします。

まずはお礼かたがたご挨拶まで。敬具


定年退職された職場の先輩へお祝い

このたび三十余年の長きにわたった勤務を無事に終えられ、定年退職されましたこと、まことにお疲れさまでございました。

在職中におけるご熱心な指導と実践は、私たちが謦咳に接したころからお変わりなく、深い感銘と尊敬の念を抱いてその後ろを付いてまいりました。

そのお姿がお去りになってしまわれるのは、まことに残念でなりませんが、定年は人生における再出発とも申しますから、拍手を持って送らせていただきたいと存じます。

これからは、ご趣味を極められ、思い出の地を奥様とご探訪なさるとのことで、うらやましい限りでございます。

時節柄、くれぐれもご自愛いただき、お健やかにお過ごしくださいますよう心からお祈り申し上げます。