七五三のお礼状 例文

スポンサーリンク

七五三は日本人なら馴染みのある行事だと思います。

しかし、実際に詳しく知っているかとおいうと、そうでもない人も多いのではないでしょうか。

七五三は、子供が無事その年齢になったことをお祝いして、11月15日に神社やお寺にお参りする行事です。

本来は数え年でするのが本当なのですが、最近では満年齢で行うのが普通になってきています。

男の子は5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いというように、お祝いする年齢が違います。

地方によっては男の子が3歳になった時にもお祝いする所もあるようです。

お参りする日ですが、11月15日が本当の日ですが、北海道などの寒い所では、気候を考慮して10月15日にお参りする地方もあるようです。

七五三は基本的には派手にやるものでもありませんし、身内でやるものですから、お礼状を書く機会はそう多くはないと思います。

しかし、もしお祝いをもらった場合は感謝の意味を込めてお礼状を書きましょう。

内祝いの品と七五三の写真を一緒に送ると良いと思います。


朝夕冷え込む季節になりましたが、ご家族の皆様におかれましては、お元気でお過ごしでしょうか。

先日は娘○○の七五三にあたり、多大なお心遣いを頂き、本当にありがとうございます。

おかげ様で娘のお宮参りもつつがなく済ませることができました。

神宮で撮影しました写真を、ささやかな内祝いの品に添え、お届けいたします。

まずは、書中にてお礼申し上げます。

平成○年11月

七五 太郎

七五 花子

七五 和美