昇進祝いのお礼状 例文

スポンサーリンク

昇進祝いは、あまり公然と華やかにいただくものよりも、同僚がざっくばらんに宴会を催してくれたり、上司がさりげなくお祝いを包んでくれたり、身内が一筆添えた金銭や品物を贈ってくれたりすることのほうが多いのではないでしょうか。

ざっくばらんな宴会などには、口頭で謝意を伝えるのがよいと思いますが、ここでは稀に上司や取引先などから頂戴するお祝いや、身内からのお祝いに対してのお礼を取り上げたいと思います。

昇進は誰でもするわけではないので、そこに留意して職場で公然とやりとりするのは避けたほうがよいと考えます。

いずれにしても、返礼の手紙を書く場合は、相手の気持ちを受け取るのだということを前提にして、心のこもった文章を書きましょう。

そして、簡単なお返しをしなければならないときも、儀礼的にならないように注意をしてください。


取引先からのお祝いにお礼

拝復

桜花の候、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

このたび小生の課長昇進に際しまして、お祝いを頂戴し、まことにありがとうございました。

今月一日より着任し、新しい仕事のスタートを切りました。

課長という椅子に身に余る重責を感じておりますが、精一杯職務を務めてまいる所存です。

今後とも皆々様のご指導ご支援のほど、心よりお願い申し上げます。

敬具


妻の実家からのお祝いにお礼

拝復 春風が心地よい季節となりました。

皆さま、そろってお元気のご様子で何よりと存じます。

さて、このたび私の課長昇進に、力強い激励とお祝いをいただきまして、まことにありがとうございます。

感謝するとともにたいへん恐縮しております。

新任務といっても、今までとあまり変わりはないように感じておりましたが、やはり部下に責任を持つということは、目に見えない重圧が大きいものですね。

近いうちに、お父様の経験談など拝聴させていただこうと、お伺いするつもりでおります。

まずは取り急ぎお礼まで。