昇進祝い 例文

スポンサーリンク

昇進祝いは栄転祝いと違って、同じ職場内での出来事になるので、手紙などの文書にする場合は少ないと思います。

しかし、取引先などでは、担当者のかたの昇進は敏感になるところですよね。

昇進によって高いポストに就くということは、業務遂行能力の評価はもとより、統率管理の能力も高いと見なされたわけですから、その点についても十分に賞賛した内容にします。

褒めようと思うあまり、意味もなく褒め言葉だけを連ねると、かえって逆効果になる場合もありますので、的確な言葉選びをしてください。

まずは祝意、賞賛、敬意の言葉を綴り、次に新任務について激励、最後に今後の交誼や支援を願うようなものであるとよいでしょう。

その際に、相手のかたの組織の人事関係などを考慮することも大事です。

誰もが昇進するわけではないで、気配りが必要です。


店長に昇進されたかたのご家族へ取引先からお祝い

拝啓

早春のみぎり、○○様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

承りますところ、このたびご主人様には△△店店長にご就任とのこと、心よりお祝い申し上げます。

これも、○○様が永年にわたり積み上げられた実績とご手腕が、社内外から高く評価されてのことと拝察いたします。

それを支えてこられました奥様の内助の功もひとかたならぬものがあったことでございましょう。

平素から厚いご厚誼をいただいております私どもも、そのご活躍ぶりに、遠からずご要職に就かれるのは必至と推察しておりましただけに、まことに欣快の至りにございます。

このうえは、ご主人様がご健康に留意され、ますます御社のご発展のために貢献されますよう、お祈り申し上げます。

なお、弊社に対しましても、引き続きご指導ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

近日中にご挨拶にうかがう所存でございますが、まずは書状をもってお祝い申し上げます。

末筆ながら、奥様はじめご家族の皆さまのご健康をお祈りいたしております。

敬具