開業祝いのお礼状

スポンサーリンク

開業のお祝いを頂戴したら、新規事業のスタートを切る抱負を、形式に添った形でお礼状に記すのがよいでしょう。

そして、品物を頂戴したときはなるたけ早めにお礼を述べるようにします。

また開業にともなって披露パーティを開き、お祝いをくださったかたたちを招く場合もありますが、その場合も来てくださったかたたちに、きちんとしたお礼状を送るのがよいでしょう。

お礼のポイントは、開業に至ったのは、お祝いをくださった皆様あってのこと、と感謝の意を込めることです。

周囲の皆様にご指導賜り成長していく、という内容にまとめます。


取引先に開業祝いのお礼

拝啓 早春の候、貴社におかれましてはますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

さて、過日、弊社開業にあたりまして、丁重なご祝詞に加え、結構なお祝いを頂戴いたしまして、厚く御礼申し上げます。

このように開業の日を迎えられましたのも、ひとえに貴社をはじめ皆々様のご指導ご支援のたまものと、深く感謝いたしますとともに、身の引き締る思いでございます。

このうえは、社員一同新たな気持ちで、よりいっそうの精進を重ねてまいりますので、どうか倍旧のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

拝眉の上、ご挨拶申し上げるところではございますが、とりあえず書中にて御礼申し上げます。


知人に開業祝いのお礼

このたび、○○ラーメン店開業に際しまして、お心のこもったお祝いを頂戴し、まことにありがとうございました。

また、ご多忙中にもかかわらず、お披露目パーティーにもご出席いただき、重ねてお礼申し上げます。

頂戴しました招き猫は、早くも看板猫のごとく、お客様をお出迎えする位置で活躍しております。

なんども頓挫しかけた開業が、このように実現できましたのも、△△様をはじめとした皆さまのご尽力あってのこと、厚くお礼申し上げます。

なお、味にこだわった地域に愛される店として、従業員一同、業務に励み、精進を重ねる所存でございます。

今後ともご厚誼、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。