初節句のお祝い 例文

スポンサーリンク

親にとって、我が子の健やかな成長ほど嬉しいものはありませんね。

すくすくと育つことを願い、元気に成長していることに感謝し、お祝いをする。

そんなお祝いのひとつに初節句があります。

文字通り子供が生まれてから初めて迎える節句のことですね。

といっても、五つの節供(七草(人日)の節句・桃の節句・端午の節句・七夕の節句・重陽の節句)のうち、女の子は桃の節句(3月3日)、男の子は端午の節句(5月5日)、それぞれひとつです。

ひな人形や鎧兜・武者人形、鯉のぼりを飾り、盛大にお祝いが行われますが、この初節句の飾りを子供の両親の実家から贈る習わしがあります。

古くは母方の実家が費用を負担して飾りを贈るのが一般的でしたが、最近の飾りは豪華でお値段も高く、片方の実家だけで全てを賄うのは経済的な無理がある場合もあるようです。

また、ところ変われば人形などの種類も違ったり、住んでいる家の大きさによっては飾りも多くは置けなかったり、さまざまな事情もありますので、贈る前に子供の両親も含めた話し合いをすることも必要になってきました。

実際の飾りをお祝いにするのではなく、現金や商品券を贈ることも多いようですね。

初節句のお祝いを贈るのは、基本的には子供の祖父母となりますが、親戚、親しくしている友人などから、お祝いを贈る場合もありますね。

いずれにしても、ただ品物を送りつけるのではなく、お祝いの言葉として、心を込めて書き綴った物を添えると真心が伝わるのではないかと思います。


桃の節句のお祝い、娘夫婦へ

三寒四温、少しずつ春めいてまいりましたね。

庭の梅の木も、昨日蕾がほころんでいるのを発見しました。

いよいよ○○ちゃんの初節句近し、です。

お雛様にもあなたたち夫婦の希望もあるでしょうし、お祝い金を贈ることに決めました。

お父さんは自分でお雛様を選ぶのを楽しみにしていたようだけど、住まいにあったものを選ぶのは、最近の若い方たちのほうが上手みたいですしね。

○○ちゃん、だいぶ大きくなったことでしょう。

赤ちゃんはわずかな間にずいぶん成長するもの、また会ったらびっくりしてしまいそうだわ。

あなたも身体に気を付けてくださいね。

○○ちゃんや旦那様も大事だけど、赤ちゃんのお母さんが体調を崩していたら、家族みんなに影響しますから。

では、おひな祭りに会えるのを楽しみにしております。

まずはお祝いまで。


端午の節句、知人夫婦へ

拝啓 春爛漫の候、皆さまにおかれましてはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。

もうすぐ子どもの日、今年は○○ちゃんの初節句となりますね。誠におめでとうございます。

随分、大きくなられたことでしょう。

田舎であれば、皐月の空に大きな鯉のぼりを泳がせるところですが、都会ではなかなかそうもいかないことと思います。

兜飾りを、とも一度は考えましたが、ご実家のご両親と贈り物が重なってはいけないと思い直し、金太郎人形をお祝いのしるしとして贈ることにいたしました。

本日、人形店のほうから手配させていただきましたよ。

どうかご笑納ください。

○○ちゃんが、金太郎のようにたくましく、元気に成長されますよう、心からお祈りしております。

とりあえずお祝いまで。