クラス会の案内状 例文

スポンサーリンク

案内状は、会合の趣旨や日時・場所・会費などの必要事項を、記し書きなどを用いながらわかりやすくまとめることが大事です。

手紙形式よりもビジネス文書に近い形式にされたほうが、書きやすく案内しやすい場合もあるかもしれません。

必要事項がもれなく記載されることが大切ですが、事務的に冷たい文面にならないように気を配ります。

クラス会の進行上、必要なスピーチや乾杯の音頭などの依頼がありましたら、印刷される案内状の場合でも、自筆でひとこと書き添えるとよいでしょう。

ドレスコードを必要とするようなあらたまったクラス会には、注記として書き加えてください。

クラス会の案内状は、できればその1ヶ月前までに、遅くとも2週間前までに相手に届くように発送しましょう。


拝啓 木々の緑もいちだんと色濃くなってまいりました。

皆様におかれましてはますますご活躍のことと存じます。

さて、校舎建て替え記念事業により、途絶えていました△年度卒業○○中学校×年×組クラス会を、3年ぶりに行うこととなりましたので、ご案内いたします。

早いもので、私たちが卒業しましてから30年の月日が経とうとしております。

立派な大人として、憧憬の眼差しで仰ぎ見た当時の恩師の皆様の年齢さえ追い越してしまいました。

しばし日常を忘れ、30年前に気持ちを戻し、楽しく賑やかなひとときを過ごしたいと存じます。

なお、当日は担任の○○先生もお越しくださる予定となっておりますので、皆様お繰り合わせのうえ、是非ご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

敬具

場所: △△ホテル ○○の間

日時: ×月×日(土)午後6時から

会費: 8000円 

振込用紙を同封いたしましたので、恐れ入りますが、ご参加のかたはそちらにご住所・お名前をご記入の上、会費をお振り込みくださいますよう、お願いいたします。

準備の都合がございますので、振込期限は△月△日までとさせていただきます。

やむを得ず、期限に間に合わない場合は、幹事までご一報ください。

幹事 ○○ 一郎

TEL △△△(△△△△) △△△△