会社サークル会の案内状 例文

スポンサーリンク

案内状は、会合の趣旨や日時・場所・会費などの必要事項を、記し書きなどを用いながらわかりやすくまとめることが大事です。

手紙形式よりもビジネス文書に近い形式にされたほうが、書きやすく案内しやすい場合もあるかもしれません。

必要事項がもれなく記載されることが大切ですが、事務的に冷たい文面にならないように気を配ります。

会社サークル会は定期的に開かれるように企画されることが多いと考えられますが、いつもお決まりの内容にならないよう、ひと工夫あるとサークル会自体への参加も積極的に促されることでしょう。

また、同じサークル会でも、飲食を伴う慰労会的集まりのときと、サークル活動を実践するときの案内では、多少文面も違ってくると思います。

ここでは、会社サークル会の活動の案内状を取り上げたいと思います。

会社サークル会の案内状を届ける日にちは、1ヶ月前から二週間前をめどに考えましょう。

急な変更にも対応できるように、連絡先を明記し、分かりやすい文面を心掛けるのがよいと思います。


○年度○○サークル会開催のご案内
 
桜吹雪の舞う季節となりました。

皆さま、それぞれの部署での新年度を、緊張と期待で迎えられたものと存じます。

さて、今年度の○○サークル会第一回目の日時が決定いたしました。

下記のとおりご案内申し上げます。

たくさんのよりよいアイディアが生まれますように、大勢のかたのご参会をお願いいたします。

なお、新しくサークル会のメンバーとなってくださるかたも募集しております。

当日は話し合いのあと、おいしいケーキとお茶での雑談会も予定しておりますので、興味のあるかたは是非お気軽にご参加ください。

日時 ○月○日(水曜日) 午後6時半から

場所 本社5階 第3会議室

内容 今年度の活動の枠組みを話し合う

第一回目の会費は無料です。次回から年会費として徴収させていただきます。

○○サークル会代表 △△部△△課
○○ 花子 

以上