夏期休業の案内状 例文

スポンサーリンク

夏期休業の案内状は、なるたけ事務的かつ用件を簡潔にする簡素型と、丁寧に挨拶を添える丁重型と、だいたい2種類に分かれると思います。

相手のかたとこちらとの関係を考えて、どちらのタイプの案内状にするか考えてみてください。

季節的に、暑中見舞いも兼ねた案内状になることもあります。


簡素型、ハガキでの夏期休業の案内

夏期休業のご案内

暑中お見舞い申し上げます。

酷暑のおり、皆様におかれましてはますますご清祥のことと存じます。

平素より、弊社には格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、下記のとおり三日間を夏期休業とさせていただきたく、ここにご案内申し上げます。

夏期休業期間 ○月○日(○)~○月○日(△)

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくご了承のほどお願い申し上げます。

時節柄、どうかご自愛くださいませ。

平成○年盛夏

○○本舗 ○○店
代表 ××史郎
電話 ○○○―○○○―○○○○


丁重型、封書等での夏期休業の案内

平成○年○月○日

○○株式会社 在庫管理部

○○裕也 様

夏期休業のご案内

株式会社 △△

○○工場 管理部 ○○太郎

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましてはますますご隆昌の由、何よりと存じ上げます。

さて、このたび誠に勝手ながら、○月○日(○曜日)から○月○日(○曜日)を夏期休業期間とし、弊社工場を停止させていただきます。

つきましては、その間を見越した発注を○月○日までに頂戴したく、どうかお願い申し上げます。

○月○日以降、夏期休業中の発注に関しましては、休業終了後の発送となりますのでご了承ください。

敬具