新年会の案内状 例文

スポンサーリンク

新年会では、「団結」「親睦」などの開催趣旨をかかげて案内状をまとめるとよいでしょう。

あまり堅苦しくなるよりも、新年ですので、フレッシュな雰囲気を文面に出すのが好ましいですね。

かといって、品位を欠くほどくだけ過ぎなのは考えものです。

同じ職場、サークルなどでは、ビジネス文書のような案内状が分かりやすいですが、目上のかたや取引先のかたへは丁寧な文書で、手紙かはがきの案内状にしたほうがよいと思います。

新年を迎えてから相手に届くような案内状であれば、新年の挨拶を入れたほうがいいですね。

地図を載せると親切な案内となるでしょう。

往復はがきを使用すると、出欠の返信を確認しやすくなります。

返信はがきにあらかじめ、出席か欠席か○印をつけられるようにしておくと、案内の受け側も返信をしやすいですね。


往復はがきで新年会への案内

謹んで新年のご祝詞を申し上げます

貴家ご一同様にはますますご機嫌うるわしく初春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

さて、△△囲碁クラブ平成○年度新年会を下記のとおり催しますので、ぜひともご参会くださいますよう、お願い申し上げます。

新たな気持ちで会員相互の親睦と結束を深め、新年のひとときを過ごしましょう。

平成○年元旦

日時 ○月○日(水) 午後○時より

場所 ××市××町○丁目○―○

電話 ○○○―○○○―○○○○

××市駅北口徒歩5分(地図参照)

会費 7000円(当日承ります)

お問い合わせ先 幹事 ○山△太郎

住所 ××市××町○丁目○―○

電話 ○○○―○○○―○○○○

恐れ入りますが、○月○日までにご出欠の返信をお願いいたします。