店舗移転の案内状 例文

スポンサーリンク

店舗移転の案内状は、場所を新たにする開店・開業の案内状と同じように考えて文面をつくります。

移転する店舗の住所・電話番号・地図・営業時間・休業日、そして新店舗に関してPRすべき点があるならば、その内容を盛り込んで考えてください。

挨拶文のほかに、移転する新店舗のチラシなどを同封した案内状もよいと思います。


謹啓 陽春のみぎり、いよいよご躍進の段大慶に存じます。

さて、小社では、かねてより市の開発計画のため、店舗の移転を考えておりましたが、このほどおかげさまで、下記の通り新たな場所へ移転することとなりました。

今後も小社をご愛顧くださる皆様のご期待に添うように、社員一丸となって精励していく所存でございますので、何卒倍旧のお力添えを賜りますよう、ご懇願申し上げます。

まずは略儀ではありますが、書面をもってご挨拶のみ申し上げます。

謹白

平成○年○月○日 

移転先店舗 〒○○○―○○○○

○○市○○町○丁目○番地

TEL ○○○―○○○―○○○○

FAX ○○○―○○○―○○○○

○○有限会社

代表 ○川○蔵


平成○年○月○日

お客様 各位

店舗移転のご案内

拝啓 新緑のまぶしい季節となりました。

皆さまにおかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、レストラン○○では、よりいっそう皆さまにゆったりとお食事を楽しんでいただけますよう、駐車場を拡大した新店舗を考慮してまいりましたが、このたびめでたくけやき並木通りに移転できることと相成りました。

つきましては、○月○日にいったん現在のお店は閉じまして、○月○日に移転先新店舗にて新しく営業を始めたいと存じます。

スタッフ一同、これまで以上に美味しい食事をご提供できますよう、ますます精進してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

同封のチラシにて、移転先住所および地図、新装レストランのメニューをご覧下さいませ。

なお、電話番号・営業時間・休業日は、これまでどおりとなっております。

まずは店舗移転のご案内まで。

敬具

レストラン○○

代表 ○江○彦