忘年会の案内状 例文

スポンサーリンク

忘年会は、「慰労」「親睦」を目的に開かれるものが多いですから、あまり堅苦しい案内状になるよりも、リラックスした雰囲気を強調するような文面でまとめられたほうがいいですね。

かといって、あまり品位を欠くようなものもいけません。

同じ職場内であれば、ビジネス文書のような案内状が分かりやすいでしょう。

取引先など、違う職種や目上のかたもご一緒する忘年会の場合は、丁寧な文書の案内状がよいと思います。


社内での忘年会の案内

○○部○○課 各位

平成○年○月○日

幹事 ○○課 △川×夫

忘年会のお知らせ

拝啓 街路樹の葉が木枯らしに舞う季節となりました。

皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、来月は師走となり、年末戦線に向け各課の業務も忙しさを増していらっしゃるとは思いますが、恒例○○部忘年会を下記の通りとり行いますので、ご案内申し上げます。

本年の、木枯らしどころか嵐が吹きすさぶような状況のなかでの業務に、何度となく心折れる場面に遭遇したかたも多いことでありましょう。

苦楽をともにした仲間同士、お互いの労をねぎらい合い、一年の垢を払い落とし合って、新たな年への活力を得ようではありませんか。

どうぞ皆さま、ふるってご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具

日時 ○月○日(金) 午後6時から

場所 △△居酒屋

会費 5000円

出欠の回覧を後日回しますので、よろしくお願いいたします。

以上


取引先に忘年会の案内

拝啓 晩秋の候、貴社におかれましてはご隆昌のことと拝察いたします。

さて、年の瀬を前にして、皆さまご多用とは存じますが、○○グループ主催による忘年会を開催いたしますので、ご来会賜りますよう、謹んでご案内申し上げます。

貴社との親睦をいっそう深め、一年の万福を祝し、小難を慰め合いたいと存じますので、お繰り合わせの上ご参集ください。心よりお願い申し上げます。

以上、忘年会のご案内まで。

敬具

日時 ○月○日(金) 午後6時から

場所 △△居酒屋

会費 5000円