引越しの挨拶状 例文

スポンサーリンク

引越しの挨拶状なのですが、最近ではごく親しい人に携帯電話のメールでするという人が増えているそうです。

ストーカーとかの問題もありますし、なるべく個人情報を出さなくする努力も必要ですしね。

しかし、社会に出るとそうもいってられません。

引越しの手続きをちゃんとするのも勿論のこと、会社には絶対引越しした旨の連絡を入れる必要があります。

そういう意味で、会社関係上司などに、引越しの挨拶状を送るのは必要なことになってくると思います。

携帯電話のメールでも良いのでしょうけど、文書で送ってあげると年賀状などの時に住所を調べるのが楽になります。

先方のことを考えるなら、しっかりした葉書で引越しの挨拶状を送りましょう。

ここでは引越しの挨拶状の例文を書いていきたいと思います。

引越しの挨拶状で重要なのは、引越し先の住所や電話番号をしっかりと丁寧に記載することです。

これが抜けていると、何のための引越しの挨拶状かわからなくなりますからね。

住所はを記入する際に、郵便番号を結構忘れがちになります。

郵便番号はしっかり記入するようにしましょう。

マンションなどの住居では、マンションの名称も忘れずに記載しましょう。

引越しの挨拶状で気をつけるのはそれくらいです。

決まった形がある訳でもないですから、気軽に書きましょう。


引っ越しました

先般○○県○○市に建築中の我が家が完成いたしました。

下記に転居致しましたのでよろしくお願い致します。

小さいながらも庭があり、愛犬も喜んでいるように見えます。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さいませ。

〒123-4567

○○県○○市○○1丁目1番1号

TEL :12-345-6789

E-MAIL 12345@6789.co.jp

引越 太郎・花子・一郎