弔電 例文

スポンサーリンク

弔電は、亡くなった方やご遺族のかたに送るお悔やみの電報です。

本来であれば、弔問に出向き、告別式やお葬式に参列して直にお悔やみを述べるところを、やむを得ない事情から、代わりに謹んで哀悼の意を表すものが弔電なのです。

型は決まったものが多いですが、真心を込めた弔電にしたいものです。


ご尊父様のご逝去を悼み、心からご冥福をお祈り申し上げます。


ご母堂様の悲報に接し、悲しみにたえません。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


ご尊父様のご生前のご厚情に深く感謝するとともに、謹んで哀悼の意を表します。


ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。


ご息女○○様のご夭折の報に接し、謹んで弔意を呈し哀悼の意を表します。


ご令息○○様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。

心から哀悼の意を表します。


ご隠居様のお旅立ちにお悔やみ申し上げます。

ご家族のなかで幸せにお暮らしになられたことでしょう。

後顧の憂いなく安らかにご永眠くださるよう謹んでお祈り申し上げます。


○○様ご永眠を知り、心に深く逝去を悼むとともに、ご遺族様のご健勝をお祈り申し上げます。


勇気と幾多のご厚情を与えてくださった御尊父様のご訃報に接し、衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。


お母様ご他界のお知らせに、ご遺族様に謹んでお悔やみ申し上げます。

先日お会いした際にはお元気そのものでいらっしゃいましたので、驚きと悲しみでいっぱいです。

衷心より哀悼の意を表します。