公正証書遺言 例文

スポンサーリンク

公正証書遺言とは、遺言者が、遺言しようとする内容を口頭で公証人に述べ、公証人がそれを書式にしたがって文書に作成することを言います。

証人を二人以上、立ち会わせなければなりませんが、公証人が作成してくれるので法律上の不備がなく、しかも証人がいるので証拠能力が高くなります。

原本は公証役場に保管されるため、紛失・偽造などの心配もありません。

公正証書遺言書が見つかったときは、家庭裁判所の検認なしで開封できるのもメリットです。

相続というのは、とかくややこしい事態になることが多いですから、公正証書遺言を残しておくと、ご遺族となるかたたちも安心でしょう。

遺言者がすることは、口頭で述べることのほかは、内容を確認して署名・捺印するぐらいです。

ただし、法務事務所や行政書士の手を借りますし、公証役場に出向いて作成しますので、時間と費用はある程度かかります。

公正証書遺言は、法律の専門家のかたが作成しますので、これといった書式も例文も不要と思われますが、必要な事項を箇条書きにしてメモしておけるように、要点を記しておきましょう。

相続財産は「誰に」「どれだけ」分配するのか

指名した場合、葬儀や祭祀の主宰者など

自分名義の財産を分かる範囲内で書いておく

金融機関名・支店名・預金の種類と口座番号

遺言執行者の指定(実際に遺言を実行し、内容を実現させる人)