借用書 例文

スポンサーリンク

借用書は、「いつ」「何を」「どれだけ」「誰から」借用したのか、そして「いつ返すのか」明記していたら、特別な様式などはありません。

強いて言えば、署名は自筆で、実印を使用し、印鑑証明を添付しておいたら、第三者から見てもどこの誰か客観的な特定ができるのでよい、ぐらいのものです。

借用書があるからといって、法的に貸したものが必ず返ってくる効力などはなく、裁判になった場合に、借り主が「自分は借りていない」と嘘をつくのを避ける効果はあります。

ただ、何もない口約束での貸借では心許ないので、「誰が、いつ、どれだけ、何を借りたのか」という覚え書きの代わりにするのであれば、借用書を作成する意味は十分にあると思います。


借用書

○山○太郎 様

金 ○○○万円 

上記の金額、たしかに借用いたしました。

平成○年○月○日までに全額返済することをお約束します。

平成○年○月○日

○○県○○市○○町○丁目○番地

△川△蔵 印


借用書

○山○太郎 殿

金 ○○○万円 を私、△川△蔵が平成○年○月○日に借用いたしました。

利息は年○割○分○厘とします。

1.利息及び元金は、月々分割して○万円ずつ返却いたします。

利息及び元金は、毎月○日に貴殿宅に持参にて支払います。

利息及び元金を毎月の期日まで支払わない場合の遅延損害金は、日歩○銭の割合とします。

連帯保証人○江○次は、私の債務について保証し、私が債務履行をしない場合は、連帯して履行の責を負うものとします。

平成○年○月○日

借主 ○○県○○市○○町○丁目○番地

△川△蔵 印

連帯保証人 ○○県○○市○○町○丁目○番地

△江△次 印