履歴書 例文

スポンサーリンク

履歴書は、フォーマット自体は文房具店などで買い求められますので、その項目に従って書けば出来上がります。

ここでは、何をどう書くか、というポイントを参考にしていただきたいですね。

限られたスペースで、的確に人事担当者のハートをつかむ書き方ができたら、まずは採用への第一歩と言えるでしょう。

履歴書のフォーマットにも幾つか種類があるので、自分の記入しやすいものを選んでください。

字はひとつひとつ丁寧に、記載に漏れがないか、よくチェックしながら記入しましょう。筆記具は黒の万年筆か細字のペンが理想です。


1.提出年月日

一番上の日付の欄は、履歴書の提出年月日を書きましょう。

履歴書では西暦ではなく元号を使う方が一般的です。


2.写真

3ヶ月以内に撮影したものを使用します。

職場に相応しい格好で撮影してください。

表情が暗かったり、弱々しかったりするものは避けます。


3.連絡先の住所や電話番号

確実に連絡の取れる場所を記入します。

一人暮らしなど、昼間は自宅に誰もいないかたは、連絡の取れる時間も明記する配慮が必要です。

携帯番号を書き添えるとよりよいでしょう。


4.学歴・職歴

義務教育に関しては、卒業年を書きます。

高校までは国公立か私立かも書き加えます。

高校からは入学と卒業の年を書き、学部や学科も忘れずに明記してください。

職歴は入社・退社をしっかり書きます。

何の仕事に携わっていたかアピールする意味で、配属部課まで書く場合もあります。

退社理由も書き添えます。(「都合により」「会社倒産により」など簡潔に)


5.免許・資格

就職しようとしている職種に関係ない免許や資格でも、積極的に書き出していたほうが自己アピールに繋がります。

今から挑戦しようと勉強中のものでもよいと思います。

趣味や特技は、必ずしも得意なものでなくとも、自分を知ってもらう上での人事担当者へのヒントになりますので、程度を書き添えながら書き出すのがよいでしょう。


6.希望条件・志望動機

大事なところです。

経験の少ない人は待遇面の希望は出さないほうが好印象。

職務についての希望を志望動機と絡めて書くと、より強い動機付けになると思います。

自分にできること、何をしたいのか、など、ここで魅力的な書き方ができれば、大きな自己アピールになるでしょう。