喪中はがき(喪中欠礼)一般 例文

スポンサーリンク

人生というものはいつ終わりが訪れるかわかりません。人の死というものは突然やってくる場合があります。

悲しみは時が解決してくれる場合が多いですが、それ以外にもやるべきことはあります。

ついつい忙しさや悲しさが先立ち、忘れがちになるのが喪中はがきです。

なかなか全ての人に送るのは難しいものですが、それでもできるだけ漏れのないようにしたいものですね。

それが故人への供養にもなるのですから。

一般的な喪中はがきの例文をご紹介しておきます。

あまり親しくない人には、定型文的な文章の方がよいでしょう。

本文に一年の感謝と挨拶を入れておきましょう。

配偶者の場合も義父や義母とはしないのが礼儀ですので注意して下さい。


喪中につき、年頭のごあいさつを控えさせて頂きます。

去る○月○日、父 喪中太郎が七十歳にて他界いたしました。

本年中のご芳情に深く感謝いたしますとともに、明年も変わらぬご厚誼をお願い申し上げます。

文末ながら、皆さまが良い年を迎えられますよう、謹んでお祈りいたします。

平成○年十二月

喪中次郎

喪中花子

例文一郎様