遅れて出す年賀状 例文

スポンサーリンク

思わぬ人から年賀状が来て慌てた経験は誰しもあることではないでしょうか。

中には出すのを完全に忘れてしまっていたり、多忙で出すことができなかった人もいるでしょう。

こういう場合はどのように年賀状を出していますか。

寒中見舞いとして返している人もいるかもしれませんね。

よくあるケースですので、覚えておくと便利だと思いますよ。

ここでは遅れて出す場合の年賀状の例文を書いておきます。

とにかく大事なのは、まずは年賀状を出すことができなかったことへのお詫びです。

後は送れて出すことになるので、時期を外して出してしまうと、年賀状ではおかしくなってしまう点です。

基本的には1月7日までの返信で、それ以降は寒中見舞いとして出した方がいいでしょう。

その時には年賀ハガキを使わずに、通常のハガキで出すのを忘れないで下さい。


謹賀新年

早々に丁寧な賀状を頂きありがとうございました。

お健やかにお過ごしのご様子がうかがえ、心よりお慶び申し上げます。

おかげさまで私どもも、穏やかな新年を迎えております。

昨年末よりの忙しさにとりまぎれ、新年のごあいさつが遅くなりましたこと、申し訳ございませんでした。

このように粗忽な私ですが、今年も変わらずお付き合い下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、皆さまのますますのご健勝を祈念しております。