お歳暮の挨拶状 例文

スポンサーリンク

お歳暮を贈る時期について一般的なのは12月に入ってからで、12月の中旬までに贈るのが一般的です。

正確には「歳暮」は12月の季語で、12月中に贈ればお歳暮として問題ないのですが、12月末には現在はクリスマスや御用納めなどの行事が集中する為、その時期までに贈るのが通例となっています。

もし、お歳暮を考えていて、その時期になりそうなのであれば、年明けを待ってお年賀として贈る方がいいかもれませんね。

百貨店などは11月の初旬くらいからお歳暮の早期受注もしています。

12月に入ると、お客様でいっぱいになりますので、できるのでしたら11月中にはお歳暮の段取りを済ませておきたいものですね。

最近ではインターネット通販でもお歳暮を贈れますので、抵抗のない方は利用してみるのもいいと思います。

贈って喜ばれるものは、年末年始の宴会用にビールや清涼飲料水の詰め合わせ、お酒が飲めない方なら定番の海苔や和菓子などが喜ばれるようですね。

毎年贈る方には、毎年同じものを贈るのもいいと思います。

その季節になると期待してしまいますから(笑)

お歳暮の挨拶状は、贈る人との距離感にもよりますけど、簡潔に済ませるのが一番です。

自分の家族などの近況を少し、贈る相手を気遣うことを書くと良いと思います。

身内に贈る場合は、近況報告を長くするといいと思います。

お歳暮を贈った場所と商品を書いておくと受け取る際にわかりやすくて良いと思います。


○○様

拝啓

寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この冬は寒さはことのほか厳しく、ストーブの前から離れられない毎日になっています。

運動不足になり、体には良くないと理解はしているのですがなかなか止められません。

早く暖かくなって欲しいものです。

先日、○○百貨店からビールと飲み物のセットをお送り致しました。

年末年始、皆様で召し上がって頂ければ幸いです。

寒い日が続くと思いますが、 皆様ご自愛のほどお祈り申しあげます。

敬具

平成○年○月○日 ○○

歳暮 太郎

花子

〒123-4567

○○県○○市○○町12番3号