お歳暮のお礼状 例文

スポンサーリンク

年末も押し迫って忙しくなってくる時期、お歳暮でお悩みの方もおられるのではないでしょうか。

個人的な意見になりますが、お中元にしてもお歳暮にしても、毎年送ってくれる方は、同じ品物を送って頂く方が嬉しいですね。

その季節になると待ち遠しくなったりします。

どっかのCMみたいにハムの人とか(笑)

その時だけのお中元とかお歳暮とかが一番困りますね。

先方が好きなものがわかっているほど親しいなら問題ないのですが、会社関係ですとそうもいってられませんし。

素直に先方に聞いてみるのが一番なのかもしれません。

通常、お歳暮にはお歳暮で返すことになるのですが、その時にお礼状とかはどうされていますでしょうか。

先方様がもしお手紙を付けて品物を送ってきた場合には、こちらもお手紙を返すのが礼儀というのもです。

ここでは、お歳暮のお礼状の例文を掲載していきたいと思います。よければご参考にして下さい。

お歳暮の挨拶状ですが、通常は一週間くらいで返すのが礼儀となっています。

ほとんどの場合は、品物に同封する形になると思いますが、年の瀬の忙しい時ですから、品物が間に合わないといったケースもあるかもしれません。

そういう時は、お礼状だけを先に投函してしまうのもいいと思います。

その場合は文中に別便でお歳暮が届く旨を書いておくと良いですね。


拝啓 朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

皆さまにおかれましては、ご健勝のこととお慶び申し上げます。

私どもも、おかげさまで元気で過ごしております。

さて、このたびは、お心づくしの品をお送り頂き、ありがとうございました。

平素よりお世話になっている上に、このようなお歳暮を頂き、恐縮の限りです。

ありがたく使わせて頂きます。

お互いに仕事が忙しく、なかなかゆっくりお会いできる機会がありませんが、

ご家族の皆さまにもよろしくお伝え下さい。

歳暮様のますますのご活躍を祈念しております。

敬具

平成○年十二月○日

例文花子

歳暮太郎様