お中元の挨拶状 例文

スポンサーリンク

お中元を贈る時期について困ったことはありませんか?

以前は東日本では7月初旬~中旬まで、西日本では8月初旬~中旬までに送るのが一般的となっていましたが、最近ではどの地方も土用の入りまでの7月初旬~中旬までに贈るのが一般的となってきています。

百貨店などは6月くらいからお中元の早期受注もしていますし、最近では8月までに贈るというのが一般的になってきています。

うっかり贈るのを忘れてしまった場合は、暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ると良いでしょう。

贈って喜ばれるものは、お酒の飲める方ならビール、お子様がいる方なら清涼飲料水のセットなどが人気です。

主婦の方なら、洗剤なども定番商品ですね。

どうせ贈るなら、喜んでもらえる商品を贈りたいものですね。

お中元の挨拶状の例文の例文は、できるだけ簡潔に書くのが良いでしょう。

贈る人との距離感にもよりますけどね。

ここではあまり連絡を取らない人に対する挨拶状という前提で例文を書いていきたいと思います。

企業のお中元の挨拶状の例文にも良いかもしれません。


○○様

拝啓

猛暑の日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この夏は暑さことのほか厳しく、冷房の前から離れられない状態になっています。

体には良くないと理解はしているのですが、なかなか止められません。早く涼しくなって欲しいものですね。

先日、○○百貨店からビールをお送り致しました。皆様でお召しあがって頂けましたら幸いでございます。

暑さの折り、皆様ご自愛のほどお祈り申しあげます。

敬具

平成○年○月○日 ○○

氏名 太郎

花子

〒123-4567

○○県○○市○○町12番3号

=============================