暑中見舞い 例文

スポンサーリンク

暑中お見舞いを送る時期ですが、梅雨明けの7月初旬から立秋(8月7日頃)までに出すのが一般的です。

立秋が過ぎると残暑お見舞いとして出すのが良いでしょう。

ちょうどこの時期はお中元の時期と重なってきますので、どちらで送るか場合によって使い分けると良いでしょう。

先方が喪中である場合などは暑中見舞いとして送った方がよいと思います。

後は、親しい間柄にあって、お中元というのも大げさだな・・・という人には暑中見舞いとして送ると良いでしょう。

まあ、そういう人には紅白の無地のしでもいいとは思いますが・・・。

暑中見舞いの例文に入れておきたい言葉は、気候がまず暑いということと、先方をその暑さから思いやる言葉です。

時期的には梅雨明けですので、そのことを入れておくのもいいかもしれませんね。

出だしはシンプルに、「暑中お見舞い申し上げます」が適切でしょう。

後は自分の近況などを文面に入れておくといいのではないでしょうか。

葉書きだけでなく、ビール等の贈答品を送った場合は、その旨も記入しておくと良いと思います。


暑中お見舞い申し上げます。

梅雨明け以降、暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私は、健康管理も兼ねて、スポーツジムに通い始めました。

まだまだ筋肉痛が酷い状態で、しばらくは辛い状態になると思いますが、健康の為に頑張って続けていきたいと思います。

暑さはこれからが本番です。どうかご自愛下さいませ。

平成○年 盛夏