出産祝いのお礼状 例文

スポンサーリンク

出産祝いのお礼状を書くときに注意したいことは、意外かもしれませんが結構あります。

まず、マナーとして出産祝いの品に内祝いの品の共にお礼状を送る場合でも、お返しという表現をするのはタブーです。

確かに気持ち的にはお返しというのは間違っていないと思いますが、そういう表現をお礼状に書くのは控えた方が良いです。

あくまで、出産祝いというのは、子供が無事に生まれたことを共にお祝いしようという気持ちが前提になっています。

お返しという表現はそういう気持ちを台無しにしてしまいかねませんので、十分に注意して下さい。

後、注意しておかないといけないのは、事情があって子供が出来ない夫婦もいます。

そういう夫婦に、嬉しいからといって闇雲に嬉しい気持ちを書き続けるのも、人によっては感じが悪いと受け取ってしまうかもしれません。

お礼状を送る先方様のことを良く考えて文章を考えるようにしましょう。

出産祝いのお礼状の要点ですが、まず生まれたのが男の子なのか女の子なのか、長男なのか次男なのか等、両親に対してどのような子供であるかを書いておくのがポイントです。

出産祝いのお礼状を書くのですから、そろらくお祝いの品をもらっていることと思います。

そのもらったことに対しての感謝の気持ちを書くのも忘れないようにして下さい。

文頭は、他の挨拶状などと同じように、季節の言葉を入れると書きやすいです。

挨拶状を送る先方様との距離感にもよるのですが、お祝いを頂けるような間柄ですと大体親しい友人等と思いますので、ここではそういう方への出産祝いのお礼状の例文を書いていきたいと思います。


○○様

日差しが強く暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日は次女○○の出産にあたり、心のこもったお手紙とお祝いを品を頂き、ありがとうございました。

丁度新しいベビー服の購入を考えていた所でしたので、物凄く嬉しく、タイムリーなお祝いでした。

そのベビー服を着ている時に撮った写真がありますので、この手紙に同封させて頂きました。

親バカと言われるかもしれませんが、可愛いと思います。

先日、心ばかりの品ですが内祝いを○○百貨店から送らせて頂きました。

ご家族でお召し上がって頂ければ幸いです。

まだまだ暑い日が続くと思いますが、体調を崩されることなどないようにご自愛下さい。

まずはお礼まで。

出産 太郎

平成○年○月○日