出産祝い 例文

スポンサーリンク

結婚、出産というのは女性にとってとても幸せな出来事だと思います。おめでたいことですので、お祝いをしてあげると、より一層喜びも増すのではないでしょうか。

通常、出産祝いは手紙だけでなく、何か品物と送ることが多いと思います。その時の水引きは、紅白の蝶結びとなります。

百貨店などで贈り物をする時には、よほどのことがない限り店員さんが間違うことはないと思いますが、一応自分でも確認しておきましょう。

お祝いの手紙は、別で送ってもよいと思いますし、その品物に同封する形でも構わないと思います。

最近の傾向としては、同封される方の方が多いかな?と思います。

出産祝いの例文で一番大切なのは、とにかくお祝いする気持ちを素直に書くことです。

おめでたいことですのでとにかくお祝いしましょう。

のちのち赤ちゃんの見るために訪問したい旨を書くのもいいですね。

その場合は、出産後一月位は何かと大変だと思いますので、その間に訪問は避けた方がいいと思います。

おりを見て訪問するというような一文がいいと思います。


拝啓 陽光うららかな春に、嬉しくなるお知らせを頂きました。

ご子息様をご出産されましたこと、本当におめでとうございます。

初めてのご出産とのことで心配していたのですが、母子ともに健康ということで安心いたしました。

○○さんと○○さんのお子様ですから、さぞ可愛らしい赤ちゃんだと思います。

ご迷惑でなければ、おりを見てお伺いしてもよろしいでしょうか。

赤ちゃんはもちろん、お母さんになった花子さんにお会いできることを、楽しみにしています。

ささやかながらお祝いの品を別便にてお送りいたしましたので、お納め下さい。

出産の後はお体の養生が大切です。あまり無理をせず、お体を労わって下さい。

ご子息様の健やかなご成育を、祈念いたしております。

かしこ