残暑見舞い 例文

スポンサーリンク

お中元を出すのをうっかり忘れていたり、思わぬ人からお中元が来て、お返しをするのに時期を逸してしまったりしたことはありませんでしょうか。

そういう時に便利なのが残暑見舞いというのしです。

残暑見舞いは、暑中見舞いが8月8日の立秋の前日の8月7日までに出すのがマナーとなっていますので、その後の8月8日からということになります。

出来れば8月中に出しておくのがベターといえます。

最近では、地球の温暖化によって9月になっても残暑が厳しいことが多いので、そういう意味では9月の上旬ならおかしくはなくなってきています。

残暑見舞いの例文で重要なのは、残暑から先方を思いやる言葉を入れることです。

夏バテしている時期でもありますので、体調を気遣う言葉は必ず入れておきたいですね。

後は、親しい間柄なのでしたら自分の近況などを書いておくと良いと思います。

お中元の代わりに何か商品を送るのでしたら、その旨も書いておくとより親切ですね。

挨拶状なのですから、自由に肩肘張らずに楽な気持ちで書くと良いでしょう。

そうそう、文末に季節の言葉を記入するのですが、そこでセンスが出てくるのも残暑見舞いです。

「八月」「晩夏」などが一般的ですが、「葉月」「立秋」という言葉なんてどうでしょうか。

個人的にはこちらの方がセンスを感じるのですが、皆様はどう感じますか。


残暑お見舞い申し上げます。

立秋とは名ばかりで厳しい暑さの日が続いております。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私は少し夏バテ気味ではありますが、元気に過ごしております。

夏の疲れが出る時期でもあります。

くれぐれもご自愛下さいませ。

もう少ししますと秋の味覚の美味しい季節になります。

その頃にお食事でもいかがでしょうか。

平成○年 立秋

=============================