成人祝い 例文

スポンサーリンク

成人のお祝いは、成人としてのスタートを祝い、励ますことが中心です。

相手にふさわしい格言や名言などを引用して、はなむけの言葉を贈ることもあり、成人に伴う責任や自覚について、ひとこと触れるのもいいですね。

近しい間柄からお祝いを述べるときは、あまり説教くさく なっても相手の心に残らないことがありますので、形式に乗っとった文章というより、新成人になるかたに合った文章、また胸に刻んでもらえるような文章を簡潔に記せたらいいですよね。


成人式に友人のご子息へお祝い

ご成人、おめでとうございます。

この手紙を書きながら、私の二十歳のころを思い出しました。

ただがむしゃらであった日々、学校で教わることだけがすべてに思えず、とにかく経験出来ることは何でもしてみようと、今思えば何とも贅沢な時間の使い方をしていたように思えます。

そんな日々の中で、とりわけ貴方のお父様と知り合えたことが何にも勝る一生の宝であったと、何十年も時が流れた今でも断言できます。

成人とは、いよいよ自分自身の力で漕ぐオール一本で大海原に船出するようなもの。迷い、悩み、とまどうことも多いことでありましょう。

しかしながら、貴方の航海がいかなるものになろうとも心配することはありません。

冷静にあたりを見回せば、同じ航海に出ているたくさんの諸先輩に気付くはずです。

先人達の智恵をときに拝借しながら、有意義かつ冒険心に満ちた航海を行ってください。

前途洋々、幸多き未来でありますように。簡単ながら、お祝いの言葉とさせていただきます。


成人式に知人のご息女へのお祝い

このたびはめでたく世人式をお迎えの由、心からお祝い申し上げます。

お父様、お母様もさぞお喜びのこととでございましょう。

「世の中に思ひあれども子をこふる思ひにまさる思ひになきかな」とあるように、これまで育ててくださったご両親の恩恵に感謝し、大人への第一歩を歩み出してください。

成人式に着られる艶やかな振り袖姿を想像しながら、遠い空の下、ご家族の皆さまのご多幸とご健康をお祈りいたしております。

まずは取り急ぎ、お祝いまで。